銀座で「拡張現実」で過去の町並みを見れる「タイムトラベルナビ」サービス開始 : 大人の銀座
銀座おすすめ情報

今の時代を創り出す、新しい時代の流れがココに。

アップル銀座店に行き、最新の商品を見ながら、次の時代を思い浮かべてみよう。

銀座医院の「湖山医療福祉グループ」代表湖山氏インタビュー

時代のあり方に沿って、病院のあり方も変化する。

銀座で「拡張現実」で過去の町並みを見れる「タイムトラベルナビ」サービス開始



日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、社長:籾井 勝人、以下日本ユニシス)は、「東京ユビキタス計画・銀座」に参加し、2010年3月15日(月)から3月19日(金)まで、ユビキタス技術や拡張現実(Augmented Reality:AR)技術により「手ぶら」で銀座の「懐かしさ」を感じられる観光支援・店舗情報配信サービスをはじめる。

銀座には名所・旧跡やランドマークなど多くの見どころがあり、落ち着いた感じの老舗から最近話題のカジュアルな店まで様々な店舗が存在する。店舗の入 れ替わりも激しく、今では見ることのできなくなった歴史的な事柄や時代を象徴する出来事も数多い。例えば、戦後の復興期の米軍占領、高度成長期の 路面電車と巨大な看板、バブル時代の情報誌などだ。

そんな懐かしい出来事に対し、指先一つで懐かしい銀座へ戻った感覚が味わえる「タイムトラベルナビ」を 提供する。江戸・明治・大正・昭和・平成と時代ごとの銀座の街並みを、現実と重ね合わせて見ることができ、関連する映画、テレビドラマ、小説、アニメ、 歌謡曲なども楽しめる上にガイドブックにあるような文章・地図・写真だけでなく、スマートフォンを活用することで音声・音楽・動画なども併せて視聴するこ とが出来る。