銀座の遊び方-「コツ」と「ポイント」 : 大人の銀座
銀座おすすめ情報

今の時代を創り出す、新しい時代の流れがココに。

アップル銀座店に行き、最新の商品を見ながら、次の時代を思い浮かべてみよう。

銀座医院の「湖山医療福祉グループ」代表湖山氏インタビュー

時代のあり方に沿って、病院のあり方も変化する。

銀座の遊び方-「コツ」と「ポイント」

銀座での振舞い方。それは大人にとって見につけておきたい技のひとつだ。もちろん、その振舞い方は人によって違うとは思うが、ここでは、ある「銀座人」に聞いた通な大人の技をご紹介したい。

1.季節の魚を知っている

旬な魚

季節感のある魚をオーダーすると、魚に詳しいお客様だなという扱いを受けます。やはり季節ごとの旬な魚をさりげなくオーダーすると格好良い大人と言えるでしょう。

2.箸を下手に使わない

例えば、寿司を食べる場面で、無理やり箸で食べようとしてお寿司をこぼしたりしてしまうよりは 堂々と手で食べているほうがスマート。緊張して震えるなんて最悪です。

3.お酒はほどよく

銀座という場所もありますが、ベロンベロンには酔わないほうがいいかと思います。美味しいかどうかの味覚が働きづらくなってしまいますし、他の方に迷惑をかけてしまいがちです。

4.女性ともスマートに

江戸時代でも花魁や遊女と遊ぶ時にはかなり厳しいマナーがあり、それが出来ないと江戸中に噂になるような恥ずかしいことだったと言われています。花魁遊びは「会話」だけであって決して触れないというのが江戸の粋。女性に対して、セクハラ連発なんて、銀座には似合わないのです。

5.粋な客は「忙しくないのに忙しいふりをする」

忙しくないのに、忙しいふりをする。実はこれ、店側への配慮です。回転率を高めて、店を喜ばせようというわけです。しかも、払いはキッチリすることで、格好良く見えます。

以上、ご参考までに。